いり江の福岡生活マップ ※マップ上のアイコンをクリックして下さい

2009年11月16日

科学

「科学の公園」を作る会という団体がアクロスで展示を
していましたので、ちょっと覘いてみました!身近にある
科学の不思議などを子供にも分かり易く体験できるように
まるで「科学の公園」のように展示してみようという試みですね。

元素、気象、鉱物、発電、考古学から半導体まで
あらゆる科学を取り扱っていました。とても面白いと思います。
説明員は、市内の大学生や大学教授、民間会社の方を中心に
色々な方が参加しているようです。大学関係者は、子供や
素人の大人への説明が不慣れのようで大変そうに見えました。

電気、電子工学・・・特に半導体とかは、自分の方がもっと
(子供向けに)分かり易く説明できるかも~と嫁さんに言ってみたら、
「科学の公園」を作る会では説明員を募集しているみたいだよ!
と言われてしまい、大人しく傍観者に徹することにしました(汗)

▼超電導の実験


こちらは良くある超電導の実験ですね。
手軽だし、子供受けが良いので、色々な場所で観る事ができます。
上が磁石、下が超電導物質です。液体窒素でマイナス190度くらいに冷やしてます。
すると磁力で反発して、片方が浮きます!手で押しても大丈夫でした。
これが、リニアモーターカーの原理ですよね。

▼超電導の実験(動画)


磁石をレールのように置くと、
その上を『超電導物質にぎり寿司』が走ります!(笑)
これも、リニアモーターカーの原理なんですが、実に面白い!

子供は遊んで興味を持った事には、
何故だろう?って深く掘り下げて勉強するようになります。
対象がポケモンカードになるのか、超電導になるのかは親次第かも?

▼モーターを自作してみる


こちらはモーターを自作する実験です。
エナメル線をコアに巻いていき電気を流して回転するか調べる。
何故、モーターが回るのか?意外と大人でも知らないですよね(笑)
まあ、子供に説明するのも、これは難しい部類になりますから心配しないで!

「科学の公園」を作る会
福岡市中央区天神1-1-1 アクロス福岡B2F

▼地図はこちら


同じカテゴリー(出来事)の記事画像
ルーブル美術館
スライム肉まん
ボジョレー・ヌーボー2011
芋掘り
オクトーバーフェスト
KBCラジオ パオーン
同じカテゴリー(出来事)の記事
 休止のお知らせ (2011-12-15 21:49)
 ルーブル美術館 (2011-12-07 22:19)
 スライム肉まん (2011-11-30 19:44)
 ボジョレー・ヌーボー2011 (2011-11-18 16:03)
 芋掘り (2011-11-06 21:33)
 オクトーバーフェスト (2011-11-04 21:37)

この記事へのコメント
か、科学!!( ̄∇ ̄;)
かなり苦手分野だけどiriekさんが説明員だったら聞いてみたいかも(笑)
Posted by Jr. at 2009年11月16日 19:03
iriek教授の方が絶対、説明が上手だと思います!!!
募集されているんですね(笑)
Posted by みやちゃんみやちゃん at 2009年11月16日 23:23
>Jr.さん
「科学の公園」面白かったですよ!このアイデアは秀逸だと思います。
もうちょっと展示や説明に工夫をすれば、もっともっと良くなる気がしました。


>みやちゃんさん
子供向けの説明には定評があります!毎日、子供に教えてますので!(笑)
説明員を募集されているみたいですよ!ボランティアが頑張ってます!
Posted by iriekiriek at 2009年11月19日 00:46
大学で 有機化学、石油化学 を 学びましたが、もう 40年ほど前でした・・・
その当時 工学部に女性は 建築学科にしかいなくて、合成化学科には 私が初めての女性でした・・・
30名のクラスに 29名の男性と私でした・・・

トイレは 女性用がなく、色々逸話があります~~

化学は 面白いですよね!!! 
Posted by > 瑠璃ママ < at 2009年11月19日 22:06
>瑠璃ママさん
自分の時も、電気工学科でしたが、100名以上いて女性は一人でした。
理学部系には多少いますが、工学部には女性は極端に少ないですよね。
大学もそうですが、電機メーカーも、女性の比率は極端に少ないと思います。
でも、女性用トイレがないのは、今では信じられないですね。

「科学の公園」ですが、化学(バケガク)の展示も確かあったと思います。
半導体シリコンの格子結晶モデルもありました・・子供たちが興味を持ってくれるのかなあ。
Posted by iriekiriek at 2009年11月20日 11:39
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。