いり江の福岡生活マップ ※マップ上のアイコンをクリックして下さい

2010年08月14日

いり江豊香園(#82)

先週のブロガーさん・・・、今回は少なめ。

まずお店の前で不穏な動き・・・というか挙動不審なたのさんから。
いや本当に一体、何がしたいのか・・・という動きをしながら入店♪
聞けば「ちょっと人を待っている」というので、冷たいお茶でも飲んで待って貰うことに。
しばらくすると電話・・・「いり江豊香園にいます」って、それで分かるのかいな?
すると向こうから見覚えのあるお方が・・・、メディアクロスの式さんでした。

仕事なのか・・・遊びなのか・・・微妙?(ちゃんと仕事でした)
icon76その時のたのさんの記事はこちら

中元セール中でしたので・・・あまりお構いもせず申し訳ございません(笑)
あっ、式さん、トナー有難う~!(この場をお借りして業務連絡ですね)

数日後、メディクロのスタッフさんと一緒に式さん再来店♪
この日は日本茶専門店にも関わらず、アイスティーなどとハイカラなものを
お出ししてましたので、流れ的に(半分強制で)・・・ご購入頂きました(笑)

▼日本の紅茶「和・紅茶」 525円(税込)/12袋入


この紅茶は元々は緑茶を作る茶葉で作っています。
発酵度(この場合は枯れる・・という表現に近い)の違いで、同じ茶葉から作ったお茶は、

緑茶 < ウーロン茶 < 紅茶

になります!これって意外と知らない人多いんですよね~。
勿論、お茶の木の種類は色々あって、紅茶に合ったもの、緑茶に合ったものがあります。
ざっくり言うと、アッサム種は紅茶、中国種は緑茶になります。ツイッターで教えて貰いましたが、
ダージリンは中国種で作るそうです。だから、この和紅茶はダージリンに近いのだと思います。

緑茶は旨み、甘味重視ですので、出来上がった紅茶も外国産に比べて香りは
やや控えめですが、ほのかに甘みを感じ、苦味が少なくて飲みやすく仕上がってます。

・・・

訪問者が少なかったので、お茶の話を書いてみました♪
まあツイッター( @iriehokoen )では、100%お茶の話ばっかりなのですけどね~♪
そうそう、先日ご来店されたツイッターの方が嬉しいツイートを残してくれました!

『@iriehokoen 今日午後、涼煎茶を初めて買い求めました。我流の適当な淹れ方でも
驚くほど豊かな風味に仕上り、本物のお茶舗さんの茶葉に対して、目から鱗と言うか
おみそれしましたと言うか、大変失礼な物言いなのですけれど。単純に愉しみが増えました。』


有難うございます・・・、こういうのって本当に嬉しいですよね♪

茶舗 いり江豊香園
福岡市中央区舞鶴2-8-12-1F
0120-47-1188

▼地図はこちら


同じカテゴリー(いり江豊香園)の記事画像
いり江豊香園(#116)
いり江豊香園(#115)
いり江豊香園(#114)
いり江豊香園(#113)
いり江豊香園(#112)
いり江豊香園(#111)
同じカテゴリー(いり江豊香園)の記事
 いり江豊香園(#116) (2011-12-03 18:33)
 いり江豊香園(#115) (2011-11-01 22:11)
 いり江豊香園(#114) (2011-10-14 20:20)
 いり江豊香園(#113) (2011-09-09 17:44)
 いり江豊香園(#112) (2011-08-14 12:00)
 いり江豊香園(#111) (2011-07-12 22:01)

この記事へのコメント
これからは…「irie-cafe」… と、

呼ぶことにしました。

おっ 意外とあう! かっこいい!
Posted by たの at 2010年08月14日 00:27
今朝、抹茶が終了してしまいました・・・^-^;
アイス抹茶でいただいていると、あっという間・・。
アイスコーヒーよりも おいしいし、さっぱりするので、
次回は もっと大きい缶をゲットさせていただきま~す!!

また、お伺いいたします♪
Posted by まかない健康補助食品サイト at 2010年08月14日 06:06
>たのさん
奇しくもおちゃさんと同じ発想、同じネーミング・・・
何か裏で大きなチカラが働いているような?(笑)


>まかない健康補助食品サイトさん
アイスで抹茶を頂く方、増えましたね♪
(ミスタードーナッツで抹茶フェアをやっている効果なのかな?)

大きな缶というと・・・・100g缶、40g缶がありますが、
40g缶はあまり出ないので在庫がないのです。週に一度くらい京都から
取り寄せているので、注文して頂いた方が確実と思いますよ♪
Posted by iriekiriek at 2010年08月18日 08:01
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。