いり江の福岡生活マップ ※マップ上のアイコンをクリックして下さい

2011年02月04日

ペンギン

「お母さん、ペンギンって冬でも冷たい水に入って寒くないの?」
と子供に聞かれたあなた・・・「南極生まれだから寒くないの」ならまだしも、
「北極生まれだから寒くないの」とか答えてませんか?白熊じゃないし!(笑)

▼キングペンギン


さてこちらはペンギンの王様、キングペンギンです!
鮮やかな黄色とオレンジ、白黒のコントラストが美しいですよね。
体長90cm、体重12kgほどとかなり大きなペンギンですが、一番大きいのは
コウテイ(皇帝)ペンギンでしょう。南斗鳳凰拳とか使いそうですね。

そして本題の「ペンギンは寒いのか?」ですが、
キングペンギンとは話せませんが、恐らく彼らはへっちゃらでしょう。
南極の近くで生まれて、ずっと寒い地域で暮らしてますから。

▼フンボルトペンギン


でも、動物園とかで良く見かけるフンボルトペンギンはと言うと、
ペルーとかチリに住んでます。暑さに強く、逆に寒いと死んでしまうため、
日本の寒冷地の動物園では暖房の利いた部屋で飼うのだそうです。

だから子供に説明するときは「ペンギンだって寒いのを我慢してるんだよ」が正解です。
いや、しかし真冬の動物園は寒い、寒い・・・凍えますよね・・・早く帰ろうよ~!!(泣)

福岡市動植物園
福岡市中央区南公園1-1

▼地図はこちら


同じカテゴリー()の記事画像
愛国から幸福へ
急須洗浄サービス(#2)
ハウステンボス(#4)
オランダ村
ドラえもん実写版
日米修好通商条約
同じカテゴリー()の記事
 愛国から幸福へ (2011-12-14 21:55)
 急須洗浄サービス(#2) (2011-12-05 21:59)
 ハウステンボス(#4) (2011-11-26 16:17)
 オランダ村 (2011-11-26 12:56)
 ドラえもん実写版 (2011-11-18 15:09)
 日米修好通商条約 (2011-11-11 22:19)

この記事へのコメント
ペンギンのしぐさは愛きょありますよね

歩き方がなんともいえません

可愛いです(●^o^●)
Posted by コメット at 2011年02月04日 22:24
うちの子供たちもペンギン大好きです\(^o^)/
が寒いので暖かくなって動物園行きまーす
Posted by コットンコットン at 2011年02月04日 23:01
ペンギンって南極だったんですね(^_^;)
Posted by ゆたか at 2011年02月05日 00:06
>コメットさん
マスコット的要素がありますよね~♪
でも海の中ではなかなか俊敏な動きを見せますよ~!


>コットンさん
冬の動物園は寒いです、寒いです!耐寒動物園です!
猿山のサルたちも・・・・寒くて動きません!(笑)


>ゆたかさん
いたいた!(笑) 南極ですよ~♪
正確には南半球の比較的暖かい海にも住んでます!
Posted by iriekiriek at 2011年02月05日 01:33
そうだったのですか…
危うく…
間違った答えするところだった…
動物園には行っていないけど、
水族館では長いこと眺めてるし♪
Posted by SweetColor at 2011年02月05日 09:42
冬の動物園で元気いっぱいなのは
白熊君だけですよね!
Posted by テリーヌ at 2011年02月05日 11:50
ペンギン かわいいですね
動物園 もう少しあったかくなったら孫と行きたいな~
Posted by サロンちゃんサロンちゃん at 2011年02月05日 19:46
ペンギンだって寒いのを。。。人間みたいですね^^

もう少し暖かくなったら、動物園に行ってみようかな♪♪
Posted by akio at 2011年02月05日 20:05
>SweetColorさん
フンボルトペンギンは寒いと死んじゃうそうです。
そう言えば、海響館のペンギンは今年の猛暑の中、
直射日光の屋外でも元気にしてましたね~、暑さにバリ強いらしいです(笑)


>テリーヌさん
白熊の最大の敵は寒さでは無く、地球温暖化でしょうね!
北極は氷が無くなるとただの海になっちゃうので狩りができない(泣)


>サロンちゃんさん
真冬は人間も動物も寒いです。特に猿たちは寒そうでした~
暖かくなったらお孫さんを連れて遊びに行って下さいね!
Posted by iriekiriek at 2011年02月06日 12:39
>akioさん
我が家は、動物園とか水族館大好きなんですよね~、寒かったです(笑)
Posted by iriekiriek at 2011年02月06日 12:40
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。