いり江の福岡生活マップ ※マップ上のアイコンをクリックして下さい

2011年05月27日

4G LTEとWiMAX

次世代iPhone5では4G LTE(Long Term Evolution)が搭載される噂があります。
これは3G、つまりW-CDMAの改良版の規格であり、3.9Gと呼ばれています。
これに対してドコモやauで市場を賑わしているWiMAXという規格があります。
良く聞かれるのはどちらが良いのか?と言う事なんですが、二つの規格は元々
全然異なるものです。まあ、ユーザーにとってはそんな事はどーでも良い事なんで
しょうけれども、この二つの違いについて少々説明しておきましょうか!

▼iPhone4ホワイト


まずは4G LTE(Long Term Evolution)、3.9Gについて説明しますが、その前に
3Gとか4Gの意味が分かりますか?第3世代、第4世代という意味(Gはgeneration)です。
iPhone4発売前に、iPhone4G!と言う人がいましたが、4G規格はまだ現在でも
明確な規格は存在しません。OFDMAと言う規格になると言われています。
icon76CDMAの規格についておさらいしたい人はこちら

▼W-CDMAロードマップ ※クリックで拡大


携帯ショップに行くと、HSDPA、HSUPA、HSPA、HSPA+、WiMAXと言った横文字を
次から次へと言われ、「なんだか凄いんだな」と妙な納得として購入させられた経験は
ありませんか?実はこれは携帯規格の種類なんです(最後のWiMAX以外は)。auだけは
W-CDMAではなくて、cdma2000と言う規格なので、あまりこの議論には関係ありません。

最初のW-CDMA規格はRelease-99で、下り384kbps、上り384kbpsです。
まあこの数字にもあまり意味はありません。あくまで素人に説明する時の為の目安ですね。
R-99と言えども多重数をあげれば速度は上がるし(例:上りは6多重まで)、誤り訂正符号の
種類によっても事なると思います。多重とか、誤り訂正の説明はここでは止めておきましょう。

HSDPA(High Speed Downlink Packet Access): 下り 384kbps→14.4Mbps
HSUPA(High Speed Uplink Packet Access): 上り 384kbps→5.72Mbps
この二つを纏めてHSPAなどと言います。HSDPAの事を3.5Gと言う場合もありますね。

現在はHSPA+が最新で、下り28Mbps、上り11Mbpsにまで改善されました。MIMO技術。

その後に登場するのが、4G LTE(Long Term Evolution)です。下りはOFDMA(Orthogonal
Frequency Division Multiple Access 直交周波数分割多元接続)、上りはSC-FDMA
(Single Carrier Frequency Division Multiple Access シングルキャリア周波数分割多元接続)
で、変調方式が64QAMになり、下り42Mbps(R-8、R-9では84Mbps)、上り11Mbpsとなる。
まあ、技術的な事はともかく・・・とっても早いって事ですね!これがiPhone5に搭載されるかも?

重要なことは、このLTE規格から音声通話はサポートしなくなり、パケット通信のみとなった事。
音声通信は全てVoIP(Skypeとかと同じインターネット電話)になります。完全データ通信になります。

このLTEととても似ているのが、WiMAXです。携帯の規格ではなく、無線LANの規格
(IEEE802.16e)です。しかし、先ほど、LTEから音声通信はサポートしなくなったと言いましたので、

二つの規格、4G LTE(3.9G)とWiMAXにはさほどの違いは無い事にお気づきでしょうか?

現在では、WiMAXの方が知名度があり、通信速度もやや高速。今度の展開の仕方では、
モバイルパソコンだけでなく、携帯電話全てがWiMAX規格になる(=4G規格に採用される)
可能性も否定できません
。但し、3Gは既存のGSMネットワークをそのまま流用できるという
利点があって爆発的に普及した経緯があるので、まだまだ勝負はついてないと思います!

ドコモやauではWiMAX搭載の携帯電話が発売されているようです。普通の無線LANと異なり
基地局との通信距離が1km~3kmと長い為、高速移動通信(車や新幹線)も出来るそうです。
通話エリアは全国展開しているそうですが、まだ九州では使えないエリアは多々あるみたい。
通信速度は今後1Gbps(=1,000Mbps)まで拡張されるそうなので将来性は抜群ですね


取りあえず、3GとWiMAXが両方使える携帯電話を購入して確かめてみるも良いでしょう!
使い勝手が良ければ、WiMAXの無線LANルーターはパケット使いたい放題で年契約すれば、
月額3,880円で高速移動通信が可能になります。1台で10台まで、ノートパソコンを始め、
iPhone、iPadやゲーム機器を接続することができますので、費用削減も期待できますね。
icon76WiMAXモバイルルーター URoad-8000 98g 9時間駆動で月額3,880円

iPhone5がイマイチだったら、iPod touchを購入してモバイルルータ利用(WiMAX)にしようかな?

関連リンク; CDMA, iPhone5


同じカテゴリー()の記事画像
愛国から幸福へ
急須洗浄サービス(#2)
ハウステンボス(#4)
オランダ村
ドラえもん実写版
日米修好通商条約
同じカテゴリー()の記事
 愛国から幸福へ (2011-12-14 21:55)
 急須洗浄サービス(#2) (2011-12-05 21:59)
 ハウステンボス(#4) (2011-11-26 16:17)
 オランダ村 (2011-11-26 12:56)
 ドラえもん実写版 (2011-11-18 15:09)
 日米修好通商条約 (2011-11-11 22:19)

この記事へのコメント
我が家はWiMAXですよ。
けど、スピードがイーモバより遅いっす。
Posted by ひぐのり at 2011年05月27日 22:31
>ひぐのりさん
あっ、書くのを忘れたけど、WiMAXの欠点の一つに電波の直進性があります。
基本的に真っすぐしか飛ばず、ほとんど回折しないので、建物の影とかに
隠れると極端に信号が劣化して、速度が遅くなります・・・だから試した方が良い!(笑)

これと同じ現象がソフトバンクの受信感度の悪さ。
ドコモ、auと比較して、2GHz帯域しか持ってないので、信号が真っすぐしかいかない。
基地局の数も違いますが基本的に、無線信号帯域が違うので不利なのです。
・・・と、孫社長もお怒りです(笑)

あとソフトバンクの方は絶対に言えないと思いますが、iPhone自体の感度が悪い(笑)
Posted by iriekiriek at 2011年05月27日 22:50
>ひぐのりさん
少々、補足します。
802.11xのごく普通の無線LAN規格で、周波数は2.4GHz。
但し、イーモバイルは1.7GHz帯域しか所有してないので恐らく1.7GHzでは?

一方、WiMAXは802.16eなので2.5GHz帯域です。
今後、拡張するとしたら、3.5GHz、5.8GHzになります。多分ね。
この周波数帯域の違いと、使う場所と基地局との位置関係できまります。
あと最近は少ないと思いますが、受信端末の感度の影響もあります。
Posted by iriekiriek at 2011年05月27日 23:08
はじめまして

専門書みたいですねー
よーく読んでも 良く解りません??

iPhone4 にしようかと思ってますが
まだ あまりお勧めでないでしょうか???…。。〇
Posted by ji-anji-an at 2011年05月28日 00:15
wimax買おうかな~・・・・オフ会の時に相談します!!!
Posted by パセリパセリ at 2011年05月28日 11:47
>ji-anさん
初めまして!
スマートフォンはもうパソコンに近いので、お金がある人は別ですが、
常に最新機種にしておくよりも、どんなアプリを使い、何に使うか?を
考える方が10倍大事だと思います。パソコンもそうですが、

何に使うか⇒必要最低限のハードを購入

が基本です。iPhone4は既に完成された領域の端末なので、
初めてスマートフォンを購入されるのであれば必要十分と思いますよ!
ちなみにiPhone5は9月頃の発売ですが、画面が大きく、軽くなるかも
しれません。これは初心者にも恩恵があるので検討してみて下さい。


>パセリさん
確か、モバイルパソコンをお持ちでしたね。
WiMAXのモバイルルーターを購入するのも一つの方法かと。
iPhone、iPadも無線LAN接続できますから、費用削減も出来ます。

但し、熊本県はサービスエリアがまだ狭い様ですので確認してみて下さい
http://www.uqwimax.jp/service/area/
Posted by iriekiriek at 2011年05月28日 14:18
アドバイスありがとうございました。。〇
Posted by ji-anji-an at 2011年05月28日 18:00
>ji-anさん
良い買い物が出来ると良いですね!
Posted by iriekiriek at 2011年05月28日 20:14
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。