いり江の福岡生活マップ ※マップ上のアイコンをクリックして下さい

2011年08月24日

手作り豆腐

自宅で簡単に手作り豆腐を作ってみました!
本物の豆腐って、シンプルな食べ物で大豆と水(と、にがり)だけで出来ています。
自分が探してみた限り、福岡ではなかなか本物は手に入らないし食べる事も出来ない。
手に入らなければ作ってしまいましょう・・・という訳で今回は息子が作ってみました。

これが完成形・・・見かけは立派でしょう?

▼手作り豆腐(木綿ごし)


試食してみたのですが、しっかり大豆の味がする本物の豆腐でした。こりゃ美味い。
基本的に美味しい豆腐であれば何も付けなくても美味しいです。醤油をかけるなら、
豆腐にはやっぱり関東の醤油が合うと思います。原料に大豆と塩しか使ってないもの。
物足りない方はお好みで、これに青ネギ、生姜、かつおぶし、ミョウガなんかをのせます。
うーん、美味い。なかなか上手に出来たと思う。少々、固めに出来たのはご愛嬌ですね。

では、手作り豆腐の作り方を紹介しましょう。興味のある方は自宅で作ってみて下さい。

▼一昼夜水に漬ける                   ▼ミキサーで砕き、煮る


まず、大豆を良く洗い、一昼夜水に漬けておきます。すると水を吸って大きく、
柔らかくなります。結構ビックリするくらい変化します。8-10時間くらい経ってから、
ミキサーで細かく砕きます。これを少量の水を加えて良く煮ます。

▼布に入れておからと豆乳に分離           ▼豆乳ににがりを入れて固める


良く煮えると豆乳になりますが、これを一度木綿の布袋などに入れて絞ります。
残ったカスがおからで、液体部分が豆乳って事になります。豆乳飲んでみましょう。
市販されているものと比べてえらい濃い事が分かると思います。熱い状態だと直ぐに
表面が固まり膜が出来ます・・・これが湯葉です。高級料亭とかででるアレです。
この豆乳ににがりを入れて一度良くかき混ぜ、静かにしておくと固まります。

▼一度ばらして箱に入れ、再度固める         ▼蓋をして重しをする


この状態でキレイに固めると絹ごし豆腐になります。素人だとかなり難易度が高い。
恐らくキレイに固まらないので、この状態で一度包丁などでばらばらにします。
ひび割れみたいな模様はこの作業で出来るのですが、必要がなければやらなくても
良いと思います。箱に入れて上から重しをしてゆっくり固めます。箱は何でも良いのですが、
水が抜けて固まるので、横に穴が開いているのが良いです。本格的に作りたいな~と
いう方は東急ハンズとかに一丁用の箱は売ってます。普通はこれで十分でしょう。

▼完成


布を入れて固めていればそのまま引きだせば完成です。木綿の布の跡が付くので
木綿ごし豆腐と言う事です。まあ小学生でも出来るので簡単だと思います・・・是非どうぞ♪
(注:1枚目以外の写真は息子の撮影・・・夏休みの宿題だそうです)

関連リンク: 岡本とうふ店, とうふ工房さが良, 鳥飼豆腐


同じカテゴリー(学ぶ)の記事画像
福岡県少年科学館(#2)
カンガルー
広島平和記念資料館
カブトムシ
放射能には味噌が利く
ランチェスター経営
同じカテゴリー(学ぶ)の記事
 福岡県少年科学館(#2) (2011-09-29 22:09)
 カンガルー (2011-09-01 20:19)
 広島平和記念資料館 (2011-08-19 22:48)
 カブトムシ (2011-06-18 22:14)
 放射能には味噌が利く (2011-05-22 11:30)
 ランチェスター経営 (2011-03-08 21:52)

この記事へのコメント
手作り豆腐を作る息子さんステキ!!
そして、この豆腐用の木の容器もいいですね~♪
Posted by ゆうちんゆうちん at 2011年08月26日 09:05
凄い!
木箱器も有ることが凄いですね~☆
豆腐料亭みたい♪
Posted by SweetColorSweetColor at 2011年08月26日 09:29
>ゆうちんさん
結構面白かったみたいですよ!機会があれば是非お試しください


>SweetColorさん
料亭でもやるかな~、岡本とうふ店(小国)みたいな感じもイイね!
Posted by iriek at 2011年08月26日 11:24
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。